top of page
  • 執筆者の写真就労移行支援ひかり

不安障害とパニック障害の違いとは?徹底解説で見えてくる共通点と相違点

■1.不安障害とパニック障害の定義

  • (1)不安障害の定義

不安障害は、常に不安や恐怖、心配感を抱き続け、それが日常生活に支障をきたす疾患です。不安障害には、一般的な不安障害、社交不安障害、強迫性障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などがあります。不安障害は、幅広い年齢層で発生する疾患であるとともに、女性に多く見られます。一般的に、不安障害には過度な心配、緊張、不安定感、集中力の低下、睡眠障害などが見られます。不安障害の原因としては、遺伝的要因や脳内物質のバランス異常、ストレスやトラウマ、子育てや教育環境などが挙げられます。治療法には、認知行動療法、薬物療法、リラクゼーション療法、心理療法などがあります。不安障害の治療には、早期発見が重要です。治療が遅れると、症状は悪化し、社会生活にも大きな影響を与えます。

  • (2)パニック障害の定義

パニック障害は、突然の強い不安や恐怖感を伴うパニック発作が、何度も繰り返されることによって特徴づけられます。パニック発作とは、突然襲ってくる強い不安や恐怖感、心拍数の上昇、呼吸困難、胸の痛み、めまいなどの症状を示すものです。また、パニック障害の患者は、発作を起こすことを恐れたり、その症状が再発することを恐れたりして、その恐怖心から、自宅や外出先から出ることができなくなる「アゴラフォビア」を併発することもあります。

パニック障害は、心的ストレスや遺伝的要因、物理的疾患などが原因となり、若年層でよく発症します。治療法は、薬物療法や認知行動療法などがあります。薬物療法では、抗不安薬や抗うつ薬が使用されます。認知行動療法では、パニック発作を起こすトリガーとなる物事に対して、冷静に対処する方法や、パニック発作を起こした場合の対処方法などを学ぶことで、パニック障害を克服することができます。


不安障害とパニック障害の定義


■2.共通点

  • (1)症状

不安障害とパニック障害は、共通する症状があることが知られています。不安障害では、不安や心配、緊張などが長期間にわたって続き、日常生活に支障をきたします。一方、パニック障害では、突然の強い恐怖や不安に襲われる「パニック発作」が起こります。この発作は、心拍数の上昇や呼吸困難、汗、ふるえ、めまいなどの身体的症状を伴い、強い不安感が引き起こされます。

これらの症状は、日常的なストレスや不安感から発生することもありますが、精神的な疾患や薬物の副作用などが原因となることもあります。治療法は、認知行動療法や心理療法、薬物療法などがありますが、患者の症状や原因に合わせた個別の治療計画が必要です。

症状を改善するためには、早期の診断と治療が重要です。不安障害やパニック障害に苦しむ人は、周囲の人々に理解されることが大切です。支援を受けながら、治療に取り組んでいくことが、回復への近道となるでしょう。

  • (2)原因

不安障害とパニック障害の原因については、共通のものもある一方で、それぞれに特徴的なものもあります。

共通する原因としては、遺伝的要因や環境要因が考えられます。遺伝的に不安やストレスへの耐性が低い人は、不安障害やパニック障害になりやすく、またストレスやトラウマなどが原因とされます。また、生活習慣の乱れや身体的な疾患も原因として考えられます。

パニック障害に特徴的な原因としては、急性ストレス反応としてのパニック発作が挙げられます。パニック発作は、交感神経の過剰な刺激によって起こります。また、単純な恐怖や不安だけでなく、感情的なトラウマやストレスも原因とされます。

不安障害に特徴的な原因としては、過剰な不安を引き起こす脳の神経伝達物質の異常が挙げられます。セロトニンやノルアドレナリンなどの不足が原因とされています。

以上のように、不安障害とパニック障害には共通する原因もある一方で、それぞれに特徴的な原因もあります。これらの原因を把握し、適切な治療を行うことが、患者の回復につながります。

  • (3)治療法

不安障害とパニック障害の治療法は共通しており、認知行動療法が効果的であることが知られています。認知行動療法は、患者自身が不安やパニックを引き起こす恐れのある状況に直面し、その状況に対する認知を修正することで、不安やパニックを減少させるものです。

また、薬物療法も有効であり、抗不安薬や抗うつ薬が処方されることがあります。抗不安薬は、即効性があり、緊急時に使用されます。一方、抗うつ薬は、長期的な投与が必要となりますが、再発を防止する効果があります。

治療方針としては、まず患者の症状を詳しく聞き取り、診断を確定します。その後、治療方針を決定し、患者に適切な治療を行います。また、治療の効果を評価し、必要に応じて治療内容を変更することも重要です。

治療において重要なポイントは、患者の意思決定を尊重し、患者自身が治療に積極的に取り組むことです。患者の協力が得られない場合は、治療が進まないことがあります。そのため、患者と信頼関係を築き、共同で治療を進めることが大切です。


共通点

■3.相違点

  • (1)発作の有無

不安障害とパニック障害の重要な相違点は、発作の有無です。不安障害の場合、不安や恐れがあることによるパニック発作はありません。一方、パニック障害では、予兆なく強い不安や恐怖が現れ、体の一部分であるかのように感じられる症状が現れます。この症状は、発作的なものであり、通常数分から数十分で終わります。一般的なパニック発作の症状としては、心臓の激しい鼓動、息切れ、嘔吐感、発汗、手足の震え、めまい、胸の痛みなどが挙げられます。

不安障害の場合、症状は発作的ではなく、より長期間かつ継続的に現れます。また、不安障害では、通常の不安や恐怖の境界を超えている場合があります。たとえば、人々からの評価に対する異常な恐怖や、日常生活で起こりうる多くのことに対する過剰な不安があげられます。

診断と治療のためには、発作の有無を正確に判断することが重要です。発作がある場合は、パニック障害の可能性が高く、適切な処方薬が必要です。一方で、発作がなく、症状が継続的に現れる場合は、不安障害と診断されることがあります。治療法も異なりますので、正確な診断が求められます。

  • (2)不安の対象

不安障害とパニック障害では、不安の対象に違いがあります。不安障害の場合、不安の対象は特定のものではなく、一般的な不安感や緊張感が続くことが多いです。そのため、日常生活で何かに対する不安を感じることが多く、心身に疲れを感じることがあります。例えば、社交不安症の場合、人と接するときに強い不安を感じることが多いです。 一方、パニック障害の場合、発作が起こることを恐れたり、あるいは発作が起こることで恐怖を感じたりすることが多いです。発作には、胸の痛みや息苦しさ、めまいや頭痛などがあります。そのため、発作やその予兆に対する不安感が主な対象となっています。 以上のように、不安障害とパニック障害では、不安の対象に違いがあります。診断や治療においても、不安の対象に注目することが重要です。

  • (3)症状の出現頻度と期間

不安障害とパニック障害は、共通して不安を中心とした症状を示しますが、症状の出現頻度や期間において相違が見られます。

不安障害の場合、症状は日常生活で頻繁に現れます。不安感や不安定感、心配や不安な思考、身体的な症状(頭痛や胃痛、息切れなど)が、毎日の生活の中で現れます。この症状の期間は、何週間も続くことがあります。

一方、パニック障害の場合、パニック発作は不定期に起こります。発作の頻度は人によって異なりますが、一度発作が起きると再発する可能性が高く、再発の恐怖から発作を抑えようとして生活を制限してしまうことがあります。パニック障害の病気期間は、数か月から数年にわたることがあります。

以上のように、不安障害とパニック障害は、症状の出現頻度や期間において相違が見られます。診断時にはこの点も考慮され、治療法も個別に選択されます。



相違点

■4.診断と治療のポイント
  • (1)診断方法

不安障害とパニック障害の診断方法は、主に症状や心理検査を用いることが一般的です。まずは、患者の主訴や症状をしっかりと聞き取り、身体検査を行います。次に、不安やパニックの発作が起こった状況や頻度を詳しく聞き取ります。

心理検査では、患者が自己申告する不安や恐怖に関する情報を収集するために使用されます。一般的な検査としては、ベック不安尺度や、パニック障害の診断には、DSM-5(精神疾患の診断と統計マニュアル)に基づいたパニック障害自己報告尺度(PDSS)が使用されます。

また、神経内科や精神科などの医師や専門家が診断することもあります。これらの専門家は、症状や心理検査の結果を総合的に判断することで、正確な診断結果を導き出すことができます。

診断がついた場合は、治療法を選択することができます。不安やパニック障害は、早期に治療を始めることで改善することができます。

  • (2)治療法

不安障害とパニック障害の治療法には多くの共通点があります。主な治療法は、心理療法と薬物療法があります。心理療法には認知行動療法、心理動機分析療法、催眠療法などがあります。認知行動療法は、認知的手法と行動的手法を組み合わせ、不安やパニックに対する反応を変えることを目的としています。心理動機分析療法は、深層心理にアプローチし、患者の問題に対する根本原因を追求することで、改善を図ります。催眠療法は、意識下にある患者の潜在意識に働きかけ、不安度合いを軽減することができます。 薬物療法には、抗不安薬や抗うつ薬が使用されます。抗不安薬は、不安を和らげることができますが、依存症や副作用のリスクがあるため注意が必要です。抗うつ薬は、不安障害やパニック障害の治療にも使用されます。薬物療法は、心理療法と併用されることが多く、効果的な治療法として有効です。 治療法は、患者の症状や状態に合わせて選択されます。心理療法と薬物療法を組み合わせることで、効果的な治療が期待できます。治療には時間がかかることがありますが、患者の自己管理や情報提供も重要な要素です。患者の生活習慣やストレスの原因を改善し、不安やパニックを軽減することが望ましいとされています。

■5.まとめ

不安障害とパニック障害の治療法には、主に心理療法と薬物療法があります。心理療法には、認知行動療法、心理動機分析療法、催眠療法などがあります。これらの療法は、患者の症状に合わせて選択されます。認知行動療法は、不安やパニックに対する反応を変えることを目的としています。心理動機分析療法は、根本原因を追求することによって改善を図ります。催眠療法は、潜在意識に働きかけて不安を軽減することができます。

薬物療法には、抗不安薬や抗うつ薬が使用されます。抗不安薬は、不安を和らげるために用いられますが、依存症や副作用のリスクがあるため、慎重に使用する必要があります。抗うつ薬は、不安障害やパニック障害の治療にも使用されます。薬物療法は、心理療法と併用されることが多く、効果的な治療法として用いられます。

治療には時間がかかることがありますが、患者の自己管理や情報提供も重要な要素です。患者の生活習慣やストレスの原因を改善することで、不安やパニックを軽減することが望まれます。治療の過程で、患者は自分自身の症状や心理状態を理解し、自己啓発を促すことも重要です。治療法の適用は、患者の状態に合わせて選択されます。治療法に対する理解を深め、専門医療機関を受診し、早期治療を受けることが重要です。

Comments


就労移行支援ひかり |うつ症状・発達障害などの就職を目指す障がい者を支援

hikari_logo-min.png
bottom of page